結局お得?ウォーターサーバーにかかる電力をチェック

利用する量によってお得になるのは、ウォーターサーバーも同じです。あるメーカーでは年間契約にすることで、水ボトルのプレゼントや割引きを受けることができ、費用の節約になります。ただ、水ボトルの注文ノルマがあることが多いので、利用する量が把握できないうちは年間契約をするかは、しっかりと考えた方が良いでしょう。

最後に、ウォーターサーバーの消費電力を確認して、冷水とお湯を使う頻度がどのくらいだとウォーターサーバーを利用する費用がお得になるかみてみましょう。まず冷水についてみてみましょう。冷水は4~6℃に設定されているメーカーがほとんどです。保温された水が6℃を上回るタイミングで冷やすためのコンプレッサーが作動します。このときの消費電力は約80ワット。電球くらいの消費電力です。

次にお湯です。お湯の設定温度は85~90℃に設定されています。保温されたお湯が85℃を下回ってくるタイミングで温めるためのヒーターが作動します。このときの消費電力は350ワットで、パソコンや加湿器くらいの消費電力となり、コンプレッサーよりもかなり増えます。

冷水とお湯の両方を1日の内に1~4回程度飲む場合でしたら、冷蔵庫で水を冷やしてお湯は電気湯沸かし器で沸かす方法をおすすめします。しかし、1日に5回以上飲む場合はウォーターサーバーの方がおすすめです。そして、お湯だけが必要な場合は電気湯沸かし器やポットで沸かして保温する方が、電気代も抑えることができ他のウォーターサーバーの維持費用もかからないのでお得です。お伝えした利用頻度を上回る場合は、各メーカーの水質やサーバーの機能を調べたうえで、お得なキャンペーンを利用して快適なウォーターサーバー生活をスタートしてみてください。